【世界教育】台湾の高苑科技大学で特別授業をしてみて

【世界教育】台湾の高苑科技大学で特別授業を経験して

こんにちは!

世界での教育活動に挑戦しながら、台湾女性のかわいらしさにかなり心が揺らいでいるけんにいです!

今回は、タンザニアの教育活動をサポートしてくれた、台湾の大学生である、関口和樹君とのご縁で、この大学で教育活動をさせていただける機会をいただくことができました。

佐藤健先生が担当されている、日本語学科の学生への授業で、一年生、三年生のそれぞれのクラスで特別授業をさせていただくことができました!

今回はその時の様子をご紹介させていただきます!

 

中国語で自己紹介

難いっ!!

とにかく難しかった!!

でも本当にやってよかった!!!

それが僕の結論(^_^)☀️

 

台湾の高苑科技大学の佐藤健先生の担当されている、日本語学科のクラスで、特別授業をさせていただけました。

『郷に入っては郷に従う』

やはり、その土地の言葉で自己紹介しようと挑戦しました。今までには、英語のスピーチや、少しだけですが、スワヒリ語を交えたスピーチも経験してきました。

英語もスワヒリ語も全然うまくはないですが、なんともならないとは思いませんでした。

しかし、中国語は僕には相当難しかったです(涙)。

名前を言うだけでも、なかなか覚えられず苦戦。単語1つとっても、発音で全く意味がかわってしまうので本当に苦労しました。

しかし、携帯にメモした中国語を時々カンニングしながらの自己紹介でしたが、喜んでもらえたように感じます。

少しでも日本をより身近に感じてもらえたり、興味を持ってもらえたら嬉しいです!

☆個人的には、中国語の発音はとてもやわらかくて、かわいいので、僕は好きです!できれば話せるようになりたい!

 

アフリカでの教育活動を紹介

教育の向上とスポーツの発展。これらは僕が目指しているもの。その一環として東アフリカのタンザニアでのスポーツ指導の様子をご紹介しました。

台湾とタンザニアと何がちがうのか。

自分達の生活と比較して具体的にちがうものをかんがえてもらい、僕自身が感じたことをいくつか紹介し、自分の生活を別の角度から捉えるきっかけになればと思いお話させていただきました。

はだしでスポーツ、服の使い方や

とっても陽気で表情が豊か。

台湾や日本の学生が、夢を語るのを少しためらう印象があったのに対して、アフリカの子どもたちは、一人一人、自分の夢や目標を嬉しそうに話してくれたのも、個人的にはちがいの1つではないかと感じました。

世界一周の話

251日で31ヵ国を経験。

ヨーロッパ3ヶ月、アフリカ1ヶ月、カナダ・アメリカ・オーストラリアで2ヶ月、ネパール1ヶ月、東南アジア1ヶ月半で日本へ帰国。

世界一の体育教師になるために、世界のトップスポーツからストリートでのスポーツを実際に目で見て、肌で感じ、一緒にプレーしたりしました。

世界に興味がある学生が何人もおり、ヨーロッパやアメリカ、アフリカに行ってみたい人もいましたが、日本に興味を持ってくれている学生が何人もいたのは、素直に嬉しかったです!

グループ対話①~台湾の体育、スポーツについて~

小学校、中学校、高校でもやる種目はちがうし、人によってやってきた種目がちがうのは興味深かったです。

事前の情報では、バスケットボールと野球が人気ということを調べていましたが、実際の学生の意見では、バレーボールやバドミントンが人気なのは少し意外でした。

また卓球はみんな好きなのかなと思っていましたが、反応はそうでもないようだったので、ネットの情報も大事ですが、リアルな声もやはり大事だなと感じました。

グループ対話②日本について

日本のアニメやアニソンが大好きな学生はたくさんいました。ジョジョやジブリ映画も人気。

お寺や着物、日本料理に興味がある人もいれば、日本文学の巨匠、夏目漱石や太宰治が大好きという強者までいてくれました。

嬉しい気持ちと共に、もっと日本の文化をちゃんと学んだり、海外の人に紹介できるようになりたいとも思いました。

グループ対話③夢について

4人ずつ順番に、学生たちの夢を聞かせてもらいました。どの生徒も最初は恥ずかしそうにしていましたが、一人が話すと少しずつ緊張もほぐれ、嬉しそうな表情で自分の夢を語る姿がものすごく印象的でした。

料理人になりたい人、日本で働いてみたい人、ニューヨークで生活したい人、音楽関係の仕事、ゲームやアニメ関係の仕事がしてみたいなど、カラフルな夢を聞けてたくさんエネルギーをもらったように思います。

特に印象的だった夢は

『サンタクロースになりたい』

とのこと。なぜ?と聞いてみると

『364日は休めるから😊』

 

という意見。なるほど!面白い答えでした!

それじゃサンタクロースの本場である、フィンランド🇫🇮に行ってみるのはいいかもね!

とアドバイスすると、いつか行ってみたいと目を輝かせていたのが思い出にのこっています。

 

おわりに

本当に楽しくて、貴重な経験をさせていただきました。

佐藤先生をはじめ、林先生、関口和樹君を中心に、温かく迎えてくださったみなさんに心から感謝しています。

日本だけでなく、タンザニア、ネパール、台湾で教育活動を経験させていただくことができました。

この経験をこれからの教育活動に少しでも還元していきます!

謝謝!!

楽しかった!

また行きたいです(^_^)🇹🇼

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です