【体験談】シェアハウスに住んでみたい方へ🌸〜本巣のLibertyhills生活を振り返って〜

シェアハウスに住んでみたいという小さな夢が叶った

☆2020年3月11日現在

僕は、楽しいことや面白いことが大好きです。

同じように、シェアハウスに一度住んでみたいという人は多いのではないでしょうか?

 

岐阜にもシェアハウスはいくつかあるようですが

この本巣市にあるシェアハウス、『Libertyhills』は僕にとって

何気ない毎日を劇的におもしろく変えてくれた最高の場所でした!

 

もし、ほんの少しでも

 

日常がつまらないな。

何か面白いことがしたい。

新しい出会いや刺激が欲しい。

 

そんなことを思っている方は、一度このシェアハウスを

覗いてみてはいかがでしょうか?

 

今回は、僕が大好きで、とってもお世話になった

思い出のシェアハウスについてご紹介させていただきます!

 

Libertyhillsで何気ない日常がカラフルで刺激的に!

住んでいる方たちが、みんな優しくてとっても素敵です!

オーナーの慎太郎さん!

断言します。

僕が出会った中でも、指折りのぶっ飛んだ方です!

この方は本当におもしろいっ!!

 

目標を実現していく力や、尋常じゃない行動力は

近くで見ていて本当に触発されました。

緻密さ、コツコツ努力する継続力、それに加えての大胆さ。いい意味でめちゃめちゃ圧倒されました!

僕がこのシェアハウスに来ることができたのも彼のおかげです。

 

毎日、シェアハウスではいろんな会話が飛び交い、新しい情報や挑戦もたくさん生まれました。また、それぞれの仕事や人生経験も豊か。

 

不動産&リフォームのお仕事、ステキな料理人、販売のスペシャリストでもありながらBBQ職人でもある方、カメルーンからきた紳士的英会話の先生や、最近入居された英会話教室で先生をされる方など、多種多様な生き方の集まりによって、毎日の会話はとても楽しく刺激的でした。

 

とは言っても、疲れているときや気分が乗らない日ももちろんありました。そういうときは、部屋でゆっくり一人の時間も大切にさせてくれるので、人疲れが心配だった自分でも、その時の状態に応じて自分で判断して、心地よく生活することができました。本当に感謝しています!

家族のような素敵な仲間との出会い

『いってらっしゃい』

『おかえり』

そんな何気ない会話は、独り身の僕にとって、すごく新鮮で嬉しいものでした。

 

シェアハウスのメンバーは、面白い話や役立つ情報があったら、すぐに共有してくれます。

悩みがあっても親身に聞いてくれたり本当に家族のような温かい関係が、いま振り返ってみてもそこがすごく良かったです。

僕が、今回おしえるがっこうをスタートできたのも、オーナーの慎太郎さんが最高の物件を紹介してくれたし、いざ学校づくりをするとなっても、全力で応援してくれたことがものすごく背中を押してくれました。他のメンバーの方達も、大事な挑戦のとkぃには、温かい声をかけ、応援してくれました。ここで家族のような感覚を味わうことができたことも、今となってはいい思い出です。

お互いが頑張ろうとすることを応援し合えるのは、いまの時代多くの人にますます求められているように思います。もちろん、人間ですので合う、合わないというのはありますが、もう一つの自分の居場所が欲しいという人にとっても、このシェアハウスはピッタリだと僕は自信を持って言えます!

 

住む時に心得るべき3つのこと

①毎日を楽しみたい人

自分の意思で日常を楽しみたいと思っている人が自然と集まっています。

楽しいことや何かに挑戦しようとする気持ちがない人や主体性がない人には合わないかもしれません。

②キレイ好きであること

とにかくキレイです。オーナーの慎太郎さんもめちゃめちゃ綺麗好きです。

キッチンやシャワールームなど皆さんが使うところなので、みなさんが気持ちよく過ごせるようキレイに使うことが求められます。特に男性は、トイレは座って用をたすことが決まっていますのでお伝えしておきますね♪

③お互いを尊重できる人

いろんな方がいます。

お互いを尊重しながら、違いを受け止め合い、人を大切にすることが大切だなと振り返って思います。

僕自身、そんな気持ちをここで大きく育ててもらったように思います。

今の自分がどうこうより、楽しみたい!

みんなと仲良くしたい!

そんな気持ちを大切にできることが大事なのかなと感じています^_^🍀

自分のやりたいことが実現されていく不思議な場所

僕が住んでいる時にはずっと、このシェアハウスのホワイトボードには、『やりたいことを実現するシェアハウス』と書かれていましたが、僕もここでいろんなことが実現できました。

 

人生初のクラウドファンディングの大成功、東アフリカ・タンザニアへのスポーツ指導、銀座での講演会大成功や、タンザニアの高校生アリ君を日本へ招待することなど、おしえるがっこう以外にもたくさんのやりたいことが実現できました。

 

 

他のメンバーも、屋上でBBQをしたり、お料理会を主催したり、出張フルーツカクテルの会もありました。ブログやインスタの勉強会、タンザニアの講演会や、世界一周講演会、教員ごはんの会もここで行いました。最近は、Youtubeの撮影もシェアハウスメンバーの部屋で行わせてもらっていました。

 

また、2020年の春には、英会話スクールを開校予定であったりと、好きなことや、やりたいことをどんどん実現しています。

 

仲間を応援する姿勢や安心できる人間関係が大きく背中を後押ししてくれていると思います。時には、厳しいことをいうことも稀にありますが、正直に相手のことを思い話してくれる方たちばかりでした。何かやりたいことを見つけたい方、実現させたいことがある人には特におすすめです!

 

僕がシェアハウスを離れる理由

僕がこの大好きなシェアハウスを離れるのは、前向きな理由です。新しい教育の挑戦の場である『おしえるがっこう』をスタートするに当たり、経営を軌道に乗せるために、経費をできる限り抑えなければなりません。リフォーム代や運営資金などどうしてもお金が必要な状況です。そのために僕はこのシェアハウスを離れることにしました。

しっかり稼げるようになったら、また住んでみたいとひそかに思っています♪

ちなみに、おしえるがっこうも

このシェアハウスに住んだおかげで始まることが

できました🌸

 

最後に

今、あらためてこのシェアハウスでの生活を振り返っても、楽しい思い出がいっぱいです。いままで生きてきた人生の中でも、最も濃い、充実した生活ができました。まさか40歳を過ぎてから、何気ない日常がこんなにも面白くなるとは思っていませんでした。

 

それも全て、このシェアハウスと、ここで出会った人たちのおかげです。過ごした時間は僕の宝物です。また自分自身もどんどん挑戦して、もっともっと成長して、またLiberty hillsに遊びに行きたいと思います!

 

本当にありがとうございました!

感謝を込めて^_^🌸

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です