【世界一周】度肝を抜かれた身体能力‼〜アフリカ・タンザニア編〜

【世界一周】度肝を抜かれた身体能力‼〜アフリカ・タンザニア編〜

タンザニアの人達の身体能力には

本当に驚かされることばかり💦

 

今年で高校体育の教員として18年目。

 

今までたくさんの優れた生徒や選手を見てきましたが 、タンザニアでは何気ない日常の中で驚かされることがいっぱいありました!

 

今回は、そんなタンザニアの人達の

『抜群の身体能力』をご紹介します!

 

 

 

Dabuさんとの卓球

 

アフリカ系の人達の身体能力に 興味を持つきっかけ。それはデンマークのIPCホイスコーレという学校での出来事。

 

私はアフリカ出身のDabuさんと卓球することになりました。

(もちろん、直訴して挑みました!)

 

僕は体育教師でもあり、卓球は人並みにはできます。スマッシュにはそこそこ自信があり、スピードのあるスマッシュをDabuさんに打ち込みました。

 

ところがです(笑)

 

私の渾身のスマッシュを、全く構える気配もなく、ゆっくりボールが飛んできたかのように、まるでなでるかのようにボールを返す💦

 

まぐれかもしれないと思い、さらに強いスマッシュにトライ!

 

赤子をあやすように打ち返して、ニヤニヤと笑っている(笑)味わったことのない衝撃!!

 

アフリカ系の人達が、これだけ身体能力があるのに、なぜ卓球などでオリンピックでメダルを取ってないのか。ましてやオリンピックにも出ていない。

 

新しい疑問が生まれた瞬間でした。

おそらく学校教育の中で体育をやらないことが大きな要因ではないか。

 

アフリカの人達が、子どもの頃から

体育を教わっていたら、一体どうなるんだろうという気持ちが一気にこみ上げてくる経験でした!

 

☆卓球の試合後、Dabuさんと握手

 

ヤシの実を眺めてると

ザンジバルに行った時、歩いてると道端に

普通にヤシの実がなっていた。

 

☆その時の実際のヤシの木

 

珍しかったし、あまりの高さに驚いてヤシ眺めていると、村の若者が 声をかけてきました。

 

『何だお前、ヤシの実が欲しいのか?』

と聞いてきたので

 

『欲しい!!』と答えました😊

 

『よしわかった』と すかさず木につかまり

信じられないスピードで木に登り出した💦

 

もちろん命綱なんかない。

 

☆こんな感じです(これは別の人が登った時)

 

 

☆すごくないですか(笑)?

 

15 Mほどあるヤシの木をあっという間に登り ナイフで切り、たわわに実ったヤシの実がドスンと上から落ちてくる。

 

あまりの急展開と、驚きと感動で軽くパニックです(笑)

 

またスルスルと降りてきて、ナイフで実をカットして僕に飲ませてくれました。

 

嬉しい気持ちと驚きで、感動したの覚えてます!

 

☆2年後撮影に成功!ご年配の方なのでゆっくりめ。青年はこの2〜3倍のスピードで登ってました(笑)

 

 

女性のバランス感覚

これまたスゴイ💦

頭に何でも乗せて運んでいた。

 

浜辺でも💦

 

荷物なのか何なのか…

井戸水を運ぶ時は、20〜30キロの水が入った容器を頭に乗せて、手なしで歩いてる強者もいました💦

 

中の水は歩くと揺れます。

彼女達は何気なく歩いてましたが

体幹の強さとバランス感覚はスゴイ!!

 

興味がある方は一度やってみてください!

そう簡単にできませんので(^^ゞ

 

毎回1人で感動していました!!

 

☆写真は仲良く歩く2人の女性!

 

丈夫な体

はだしの人の方が多い。

足の裏の皮膚も丈夫!

石や木の枝だらけの道でも平気!!

 

☆一緒にマングローブを植えてくれる子ども達

 

☆あそんでる子どもたちはほとんど裸足

 

また、夕方、海辺の屋台のある広場で

ビールを買うと日本と違い栓抜きがない💦

 

困っているとボランティア仲間のユーマが

ビール瓶をくわえて瞬殺(笑)

 

歯も丈夫だ!!

 

Asante♪(ありがとう♪)

 

 

女子の3人ドッヂボール(タンザニア式)

正直、スポーツ指導者として本当に度肝を抜かれました。

 

2対1のボール当てゲーム。

外野の2人が中のプレーヤーにボールを当てるゲーム。ボールは、布を丸めた野球のボール程の大きさ。

 

わかりやすく言えば、枠のないドッジボールの3人版といった感じ。3人ドッヂボールと名付けました。

 

☆外野同士がボールを投げ合いながら、中の●を当てる。ボールは1つ。

学校の空いたスペースで至るところ所でやっていました。

そこで見かけた3大驚き!!

 

第3位:投げるのがうますぎる!!

 

『投げる』動作は、最も複雑で難しい。

日本の体育でも、上手に投げれる女子は

本当に少ない。

 

ところが、タンザニアの女子中高生は、日本男子の野球経験者のようにバッシバシボールを投げる!

 

とにかくボールが速い!!

フォームもしなやかで美しい!!

 

これは本気でビビった!!

 

☆見よ!この見事なフォーム!

 

 

第2位:衝撃の動体視力!!

 

驚いたのは、中のプレーヤー。

豪速球を避ける身のこなしも見事。

 

しかし、本当に驚いたのは

その豪速球の小さなボールを

 

『取ってしまうこと!!』

 

5m程の至近距離からの豪速球を

何と取ってしまう。これが何度も。

しかも、至るところで(*_*;

 

日本の中高生にこれが果たしてできるか?

これは参りました(^^ゞ

 

 

第1位:見間違い??

大人気のこの3人ドッチボール。

その中でも、一際目立つ豪速球を右手で投げてる女の子がいました。

 

でも、何か違和感を感じました。

 

さっきまで右手で豪速球を…

 

☆あれ?左?

そうなんです!

 

右でも左でも投げる!!

 

疲れたら逆の手で投げていました💦

 

なんと言うシンプルな発想!!

 

タンザニアの女の子の両手投げには真剣に驚きました。しかし、驚いたのはこれだけではありません。

 

この子だけ特別なのかと思ってました。

 

いや…もしかして…

 

予感は的中💦

 

他の女の子もあたり前のように右が疲れたら左。左が疲れたら右で投げる。

 

そんな子がゴロゴロいました‼

 

度肝を抜かれました(汗)

 

こんな子たちが、スポーツをちゃんと教わったらとんでもないことになると。

 

中にはオリンピック選手や金メダルも夢じゃないかと、ワクワクしながら見てました。

 

☆3人ドッヂボールの様子

 

 

浜辺のあそび

日本を含め、海外でも様々な海に行きましたが

初めて見る光景が。

 

浜辺にタイヤ。

少し離れて10数人の男性達が並んでる。

 

 

何をするのか見ていると

タイヤに向かって次々に走りジャンプし始めた。

 

 

大人がこんな風に遊ぶとは…

タンザニアの身体能力の底が見えない!!

 

☆体を動かすのが大好きなようです!

身体能力スゴイのに!?

そんな身体能力抜群のアフリカ、タンザニアの人達。

 

ところがです。

なわとびは全然できないんです。

 

ある時ホームステイ先に、地元の若者が集まってきました。

 

なわとびが1つあり、普通に跳んで自慢げにしていました。

 

あいさつ代わりに2重跳び、後ろ2重をやって見せると

 

『なんだそれは?』と驚いている。

 

少し調子に乗ってあや2重や交差2重、後ろあや2重などをやって見せると絶句していました。

 

『どうやったんだ?』と興味津々。

 

その時気づきました。

 

タンザニアの人達の身体能力は抜群だけど

技術的なことは教わっていないんだと。

 

『なんてもったいない』

 

スポーツの才能がアフリカに眠っている。

いや、埋もれてしまっている。

 

これが世界の教育格差。

あたり前と思っていた教育もこういう所で

違いがあったと実感。

 

スポーツが大好きな子ども。

スポーツに才能を見出す子ども。

この中に数えきれないほどいるはず。

 

『もったいない』

 

☆ダンスの動きもジャンプ力もすごかった!

なわとびは意外な発見でした…(^^ゞ

 

 

 

新しい夢

今、一度きりの自分自身の人生の中には

たくさんの夢があります。

 

アフリカのタンザニアの人達のずば抜けた身体能力。

 

ここの子どもたちにスポーツを教えたい。

子どもたちは体を動かすのが大好きだし

スポーツが大好きに見えました。

 

この子達の素晴らしいエネルギーをスポーツに向けられたら、きっと面白いことが起こる。

 

自信を持ったり、友達と仲良くなったり、

将来の可能性が広がったり、プロスポーツ選手やオリンピックの金メダリストにだって

本当になれるかもしれない。

 

アフリカでスポーツを広めたい。

子どもたちにスポーツを教えたい。

 

スポーツを楽しんでもらい

スポーツで人生を豊かにする。

 

その手助けがしてみたい。

 

☆新しい挑戦はいつも新しい喜びにつながります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です