【世界教育】挑戦を恐れてませんか?〜ネパールの学校でやってよかった小さなこと〜

【世界教育】挑戦を恐れてませんか?〜ネパールの学校でやってよかった小さなこと〜

《先生がいないクラス》

今日の1時間目。
僕は授業がなく空いてる時間でした。
朝のウォーミングアップをして
職員室に戻る途中。

2階のクラス6の子どもたちが
しきりに手を振ってくる。

 

2時間目の体育の準備に再びグランドに
向かうとまた手を振ってくる。
どうも手招きしているので
近づいてみました。

『担当の先生がいないから先生来てください!』

とクラスみんなが僕が来てほしいと手を振ったり手招きしてくれている。

 

日本だと先生が授業に行くのを忘れてて
教室で盛り上がることがたまにある。
自分が生徒の時には嬉しかった。

先生になってから
何度か僕もやらかしてしまったときがあった。
『ごめんなさーいっ』と思って急いで行くけど
生徒たちはハプニングを楽しんでいるので
たまにはいいかなと思ってしまってました。

(すみません💦)

 

話を戻しますが
ネパールのこの学校では僕も先生なので
一応、教頭先生らしき人に聞いてみました。

『クラス6は先生いませんが大丈夫ですか?』

すると
『大丈夫ですよ』

と穏やかな返答。

 

授業なのに先生がいなくても大丈夫なんだ…。
おお…。

これも異国の文化。理解しよう。

たしかにネパールでは先生が足りないし
最近寒くなってきて同じ日に

先生が3人休んでる日もあったし
仕方ないのかもしれません。

 

ということで
ほったらかしのクラス6。

子どもたちが呼んでいる。
ちょっといたずら心が
出てきました。

 

《いたずら心》

ほったらかしのクラス6。
僕は準備が終わりちょうど空いている。
子どもたちは来て欲しいとしきりに
全身でアピールしてくる。
教頭先生はいなくて大丈夫と言っている。

 

それならちょこっとだけ

行っても別にいいだろうと思い
行ってみることにしました。
本来なら管理職の先生に確認しますが
今回はやってみてダメなら怒られようと(笑)

 

せっかくのチャンスなので
少しだけでも子どもたちにとって
いい思い出になればまぁ叱られてもいいやと。

 

こういうちょっとしたいたずら心

みなさんさんにもありませんか?

ネパールのこの学校では

日本の言葉や文化に興味を持ってる生徒が

たくさんいるのでちょこっとだけ

日本語を教えてあげたい気持ちが出てきました。
こっそりクラス6の教室へ。

 

《思い出の特別授業》

できればバレないように
こっそり教室へ入ったが
『Good morning Mr.○○~』
という歌のような決まり文句と僕の名前を
とんでもなくデカイ声で言ってくれるので
バレバレです(笑)
でも本当にものすごくうれしい。

歓迎して喜んでくれてるのが
伝わって凄くうれしかったです。

やっぱり心のこもった言葉はバッシバシ心に響く!

 

『Today′s special class,only 3ninutes,OK?』
(今日の特別授業、3分だけどいいかい?)

 

『Yeah!!』
(やったー!!)

と言って大歓迎してくれる。
もうホントに可愛すぎる。
なんでもしてあげたくなる。

 

『OK.l will teach you 3Japanese languages.』
(今日は日本語を3つ教えるね!)

ということで特別授業開始。
盛り上がり方がコンサート並みで
こちらも楽しんでやっている。

 

反応がいいと先生というのは
ものすごくうれしくなるものです。
もっと面白い授業にしてあげたいとか
もっと役立て授業にしてあげたくて
たまらなくなる。

僕だけかもしれませんがそんな単純な生き物です(笑)

今回は
こんにちは。ありがとう。さよなら。
を紹介しました。

 

ネパール語で『ナマステ』
『ナマステis こんにちは!Repeat after me.こんにちは!』

 

『こんにちは!』
という元気な声が帰ってくる。
こんなうれしい反応は教師冥利に尽きます。

ネパールの子どもたちは
日本に本当にいい印象を持っています。
2年前のネパール大震災でも
日本はすぐに援助していたようだし
同じアジアの先進国として
憧れてくれているのがよくわかり
うれしい気持ちと同時に
それにふさわしい存在でありたいと
思いました。

 

次に『ありがとう』
ネパールでは『ダンニャバード』

最後に『さよなら』
ネパールでは『ザウハイ』

 

説明を終え、生徒たちが
それぞれ3つの日本語を思い思いに

練習している。

本当に楽しそうに一生懸命。たまらない。

 

最後に今日の復習で
『ナマステ is こんにちは』
『ダンニャバード is ありがとう』
『ザウハイ is さよなら』

と確認して

『Repeat after me.』

『こんにちは』、『こんにちは!!』
『ありがとう』、『ありがとう!!』
『さよなら』、『さよなら!!』

『パーフェクト!!さよなら!!』

で教室を後に。
大歓声で送り出してくれました。

 

本当に3分。
たった3つの日本語です。

それでも心の通い合った時間というのは
最高だしやって良かったと思いました。

 

子どもたが日本をもっと好きになってくれたらうれしいです。

そして、幸せな人生を歩み
世界に羽ばたく人材に
育ってくれたらうれしいなと
心から願いました。

 

《やっぱり怒られた》

子どもたちが喜んでくれて
本当にうれしかったです。

せっかくなので記念に写真を撮りに
クラスに戻ると
校長先生がクラス6に怒っている。

どうやらうるさいと言っているよう。

さすがに相当大きな声で

日本語の練習してたもんね(笑)

 

ごめんよ。
生徒は何にも悪くない。

休み時間にクラス6に行き
ごめんよと伝えた。

 

でも本当にうれしい時間だったから
思い出に写真と撮ってもいいかい?

と聞くと喜んで協力してくれました!

素晴らしい思い出をありがとう!

 

午後の体育では早速

『こんにちは』『ありがとう』『さよなら』

をたくさん使ってくれていました!

僕もネパール語、頑張るよ!

 

☆可愛いクラス6のみんな

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です