18年勤めた教員を退職!3月31日の心境とは

18年勤めた教員を退職!3月31日の心境とは

みなさんこんにちは!

教員を退職し、保健体育のフリーランス教師として活動を始めたけんじです!

活動名は

『スポーツデザイナー けんじお兄さん』です!

よろしくお願いします😊🌸

今回は、人生初のガチの退職した日の心境を書き残したいと思います。

興奮して珍しく眠れず

僕は寝るのが大好きです!

毎日昼寝は欠かしたことがありません。

どこでも寝れます。

ところが、退職の3月31日の夜は、興奮して眠れませんでした。

今までの教員生活を振り返り感謝の思いに包まれながら、明日から始まる新しい生活に、どこかドキドキしてたんだと思います。これからの生活が楽しみになってきたところで、そのまま寝てました。結局、爆睡です。

コメントに驚きと喜び

Facebookで退職の報告をさせてもらいました。たくさんの方からコメントをいただけて素直にとても嬉しかったです♪

もっと特別な感情が込み上げてくるものかとも、ぼんやり思ってましたが意外といつも通りでした☀️

たぶん、世界一周したことで、どこか自分の感覚に変化があったのかもしれません。

自分の行動が、特に変わったことではないと自分の中で自然と受け入れてることもあるかもしれません。

ただ、コメントしてくださる方のバリエーションには驚きました。

学生時代の同級生、職場でお世話になった方、スポーツでつながった方だけでなく、フランス、アフリカ、オーストラリアなど海外で出会った方、世界一周後に新しく縁をいただいた方など、とってもカラフルな人たち。

僕が学生時代には、想像もできなかった人とのつながりをあらためて実感し、感謝の気持ちが湧いてきました。

そして、生徒や先生方、今まで出会った方たちすべての人達が、自分を支え、育ててくれたんだなぁという気持ちが溢れてきました。

『我以外みな我が師』

吉川英治の言葉が、ようやく少しわかる自分になれたのかなと思えたことがちょっと嬉しかったです!

人生が激変する予感

あ、きっと人生が大きく変わっていくなぁ。

そんな予感がしました。

岐阜県の高校から、東京の大学に進学した時もそうでした。

なんだかドキドキしました。

 

世界一周に旅立つ直前もそうでした。

 

きっとこれから僕の人生が変わっていく。

そういう直感めいたものがあったことを、今でも覚えています。

 

周りのみんながどう思ってるかはわからないけど、世間一般からすれば、僕の決断はもしかしたら突拍子もない行動に映るのかもしれません。

ところが不思議なほど、穏やかな心境の自分に気がつきました。

安心感なのか、自信なのか、はたまたただの勘違いかもしれませんが。

人と全く違った決断と行動をしたことこそが、後々、自分の中でもっとも納得のいく時間であり、経験になってきたという自分の経験があります。

そんなことが影響してるのかもしれません。

 

書いているのは、まだ新生活の初日。

なのに、今まで味わったことのないほど、自分を求めてくれる方とつながりはじめています。

空っぽになったスケジュールが、自分を必要としてくれる人、興味を持ってくれる人、僕もつながりたい人との約束で埋まっていく。

今まで生きてきた中で経験したことのない喜び。

人生が劇的に変わる。

そんな気がしています。

たぶん(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です