自分の感覚を失わないこと

街中の人たちは

みんな長袖長ズボン。

 

もうすぐ10月。

朝はすっかり涼しくなった。

 

僕は半袖、半ズボン。

 

一応仕事着だし、暑いから

自分はこれが快適。

 

もちろん、フォーマルな服装が必要な時には

そうします。

 

自分は暑がりでよく

周りに気を遣いすぎて

後悔することがたくさんあったから

まずは自分が気持ちよく過ごせるように

自分を大切にするようにしている。

 

以前、見学に行かせていただいた

東京都のふじようちえんでも

今日、半袖、長袖どちらを着るか

今日、何色を着るか

子どもが自分で決めていた。

 

暑い、寒いは人とはちがう。

自分の感覚だから。

 

少し極端かもしれないが

ヨーロッパやアメリカ

オーストラリアや東南アジアを旅した時も

みんな服装はバラバラだった。

 

特に印象的だったのはアフリカの高校生。

日頃は気温が30度半ばが続いていたが

28度くらいで制服のシャツの上に

セーターを着ていた。

 

28度は僕にはもちろん暑かったが

彼に聞いたら寒いと言っていた。

 

体調を守る視点でも

人に流されるのではなく

自分の感覚を大切にするという視点も

僕は必要だと考えている。

 

時々意識しないと

周りに流される

飲み込まれていく気がする。

 

だから、自分の感覚を失わないための

ちょっとした僕の抵抗です^_^🌸

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です