脱・将来何になりたいですか?

最近、おしえるがっこうの児島伸明先生の授業を受けて、印象に残った言葉。

「将来難になりたいですか?この質問は今日はおいといて、どんな人間になりたいですか?」

 

という質問を、子どもたちに投げかけた。

「周りの人を笑顔にする人になりたい。」

 

その女の子は、そのために医者になることを決意し、医学部へ進学したそうです。

 

「どんな人間になりたいか。」

 

ここが大切。

 

職業はそのあと。

 

言い換えれば、なりたい自分になるためなら、仕事はどんなものでもいい。

 

すごく腑に落ちた瞬間でした。

 

子どもたちにはもちろん、大人にもこういう聞き方のほうが、その人の心の奥の声を聞くことに近づけるような気がする。

 

「どんな仕事に就きたいか?」

 

これは、木で言う枝葉でしかない。

 

その人の幹の部分は

「どんな人間になりたいか」

 

ここにきっと集約されている🌸

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です