白紙に絵を描く

「白紙に絵を描く」

 

経営について僕が師事している

石原鉄也先生から教わった言葉。

 

ビジネスとは、真っ白な白紙に自由に絵を描いているようなもの。

 

起業して、おしえるがっこうを開校し

まさに、白いキャンバスに自由に絵を描き始めています。

 

教員時代、一年間休職し

国際ボランティアに協力しながら

世界を旅した時にまったく同じことを思った。

 

真っ白な白紙に

自分で自由に絵を描いているような気分だった。

 

人生を自分でデザインしていることを

痛烈に実感しました。

 

日本人は依存心が強く

誰かに支持されたり雇われて働くことを

好む傾向があると聞いたことがあるが

僕の人生では、それはもう無理だと思った。

 

たった一度しかない人生。

 

たとえ思い通りにいかなくても

できる部分はできる限り

やっぱり自分が描たいように描きたい。

 

世界に一つしかない

自分だけの絵を描きたい。

 

きっと僕たちはみんな芸術家なんだと思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です