狂った教育~知覧特攻平和会館を訪れて①~

太平洋戦争。

知覧特攻隊の出撃から突入までの映像を見た。

人間が乗り込んでいる。

突入と言うのは特攻隊として、敵の艦隊に体当たり攻撃すること。
つまり命と引き換えに攻撃するということ。

 

飛行機が相手の船に突撃していく。

操縦しているのは二十歳前後の未来ある青年たち。

わずか17さいの若者もいた。

 

全員、日本のためにと死んでいく。

1人残らず死んでいく。

 

なんのためか。

一握りの人間が指示をだし、一部の人間のための利益だろう。

 

特攻する直前に書いた手紙や寄せ書きには、

「これで親孝行できます」

「喜んでください」

「ほめてください」

そんな言葉が書かれていた。

 

本心だとしてら狂っているとしか僕には思えない。

 

これが教育の持つ恐ろしい力。

 

なんのための教育か。

 

まちがえてはいけない。

 

何があってもここだけは、絶対にまちがってはいけない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です