気持ちがふっと楽になった出来事

教員時代

一年間休職した。

 

職場を離れ

国際ボランティア活動に協力しながら

世界を旅するという経験をした。

 

その時思ったこと。

普通に生活していたら絶対気づけなかったこと。

 

「自分がいなくても、学校は回っている」

 

「自分がいなくても、世界は回っている」

 

 

そんなことを考えた。

 

仕事から離れるまでは、絶対に自分はいなければならない存在と

勝手に思い込んでいた。

 

むしろ、そう思いたかったのかもしれない。

 

でも、何事もなかったかのように

時間は流れていることに気づき

思っていたほど人の目を気にしなくてもいいんじゃないかと

いい意味で開き直れたように思う。

 

もちろん、迷惑をかけるつもりはさらさらないし

配慮しながらお互いを大切にしようと心がけています。

 

でも、人は自分を見ているようで意外と見ていない(笑)

気にしすぎている部分はあるように思う。

 

意外と見ていることもあるのも事実。

 

どっちかに振り切っているわけではない。

 

もし、今自分を追い込んでいたり

苦しい思いをしている人がいたら

いい意味で開き直れる体験、場所、人に会うのも

いいのかもしれません!

 

意外と人は人に無関心ですよ🌸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です