杖をついてゆっくり歩くおばあちゃん

東京用賀。

ある方と待ち合わせのため、少し早めに到着。

コンビニでコーヒーを買って、珍しく見つけた日陰の木でできたベンチに1人座る。

 

まもなくして、杖をつきながら信号を渡ってくるおばあちゃん。斜め前のコンビニに行くみたい。

 

一歩一歩、小さな歩幅でゆっくり進む。

急ぎたそうだけど、進むのはゆっくり。

 

最近の自分の母親の姿とも重なり、どこか胸が締めつけられるような感覚を覚える。

 

でも、心のどこかで必要な感情のようにも思う。

 

僕もやがてそうなる。歳を重ねて行けば、少しずつ歩けなくなり、いつかは動けなくなる。それどころか、それまで生きていられるかなんて保証はどこにもない。

 

1日生きているだけでも、きっと本当に価値あることだし、スゴいことなんだと僕は思う。

 

カッコいいおじいさんになりたい。

強くて優しくて何事にも動じない、粋でカッコいいおじいさん。歩けなくなっても、動けなくなっても、ニコって笑って『大丈夫っ』って言ってあげるだけで、誰かの人生を助けてあげられるような、人生すら変えてしまうようなカッコいいおじいさんになりたい。

 

両親も、ご先祖さまにも、きっと喜んでもらえると思います^_^🌸

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です