新しい「イラっとする」ことへの捉え方

「イラっとする」

 

あまりポジティブなイメージではなかったが、先日僕にとっては目から鱗が落ちるお話を聞いた。

イラっとする時は、自分は我慢してるのにという気持ちになっている。イラっとさせた相手の振る舞いは、過去の自分もそういう人間だったということ。

つまり、消してしまった過去の自分に出会っているということ。それを取り戻すチャンス。そんな自分も含めて、自分を受け止め、大事にしていく。一見やだなと思える自分の一部は、実は過去に自分から切り離した自分の一部。

たとえるなら、パズルを作ってる途中の埋まってない部分が、自分が過去に消し去ってしまった自分の一部。それを見つける最高のヒントになるのが、イラっとすること。

 

いいとこだけ残した自分。

それを受け入れても100%の自分を受け入れてることにはならない。

 

いいとこもそんなに好きに思えない部分も含めて自分だし、丸ごと受け止めて、愛してあげることが、自分を大切にする一番の土台になる。

 

イラっとするときの、負の感情がほとんどなくなりました(^_^)🌸

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です