教員退職して1年と3ヶ月🍀新しい生活の1ページをご紹介

教員退職して1年と3ヶ月🍀新しい生活の1ページ

朝から、高校、大学と
深い縁のある、これからが楽しみな青年と朝食
普通の人間ではできない様々な状況を
乗り越え切り開いてきた青年。
お互いの近況報告と共に
新しい決意をしてそれぞれの道での挑戦を誓う。
昼は同志のお店を訪問。
社会人として苦しい時を励まし合いながら
戦ってきた大切な友人。
新しくリニューアルしたお店で
近況を語りながらお互いの仕事を応援。
やはり苦労を共有した仲間の頑張りは力になる。
午後は教え子が紹介してくれた
岐阜で素晴らしい教育活動をされてるスクールを訪問し
お話を聞かせていただいた。
元教員でありすでに4年目の活動。
独立したての自分からすると、継続する難しさを
理解できるようになってきたことからも凄いと実感。
そこにきていた様々な世代の子供達の
その子らしい生き生きした表情が
すでにここの教育が成功しているように僕には感じました。
その後、同級生の先生から嬉しすぎる電話。
東京で行われる教育イベントへの招待のお話。
参加者は錚々たるメンバー。
そこにゲストの1人として読んでいただけることに。
本気で教育についてぶつかり合える気がしてならない。
こんな嬉しいことはないです。
夕方は、競輪選手を目指す卒業生と食事
私の同級生のお店にて激励。
人生かけて日々の練習に取り組む彼。
必死さやかける想いの強さをビシビシ感じた。
ぜひ夢を実現してほしい。
心からそう思いました。
最後は親友とセッション
予想を越えて楽しすぎた。
彼の新たな才能を垣間見た気がした。
大学卒業後、20年以上経つが
お互いを信頼し、応援しあえること自体幸せ。
僕の今日一日。
全部、楽しみながら相手の方にも喜んでもらいながら
自分のおしえるがっこうを広めるためにもなる時間。
時間もお金もエネルギーも
喜んで使えるものばかりでした。
相手のためにもなり、世の中のためにもなり
自分のためにもなる。
この三方良しの考えで朝から晩まで
楽しく過ごせた一日。
これは、新しい生活にチャレンジしたからこそ味わえたもの。
この意義は思った以上に大きい。
きっとこれからの人生の大きなヒントになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です