嬉しそうに帰っていく

地元の若き青年社長

 

37歳にして、多くの社員や企業から

信頼を集める経営者

 

地元の行政からの信頼も厚く

多くの実績やコロナ渦でも売り上げを

伸ばしている

 

彼の学生時代は、私が指導者という立場でしたが

経営者という点では彼のの方が先輩になる。

こういうところも人生は面白い。

 

そんな彼から、相談したいことがあると連絡があり

一緒に昼食をとることに。

 

美味しく食事をしながら、お互いの近況を伝える。

そこで本題の相談事。

 

自分にできる

精一杯のアドバイス。

 

随分困っていたらしく

とても喜んで帰っていきました。

 

良い方向へとこの時間が役に立ってくれたら嬉しい。

今の自分にはこういうことに心から幸せを感じます。

 

教え子の役に立てる喜び。

 

何年経っても連絡をくれるという喜び

 

そして、元気に立派に

社会で活躍している姿を見れる喜び。

 

自分も負けていられないですが

嬉しそうに帰って行く姿に

死ぬほど元気をもらいました!

 

共に顔晴りましょう^_^🌸

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です