アラフォーバツイチ独身男 ~39歳でレールを外れた6つの理由~

アラフォーバツイチ独身男 ~39歳でレールを外れた6つの理由~

みなさんこんにちは!

現在海外生活196日。
あと4日で200日になろうとしています。

今日も元気なけんじです!

本当に時間が過ぎるのは早いものです。

定期的に自分の備忘録としても
まとめておきたいと思います。

今回は日本を出た

『タイミング』に絞ってお話させて

いただきます。

《おおまかな日程》

5・6・7月:ヨーロッパ
8月:タンザニアでボランティア
9・10月:カナダ、アメリカ、オーストラリア
11月:ネパールでボランティア
12月~東南アジア

☆現在27か国目のネパール。学校での一コマ。

《この1年間の目的》

海外でスポーツ指導がしてみたい。

世界のスポーツ現場を肌で感じたい。
世界を知り子どもたちに伝えたい。

ボランティアで自分の経験を生かす挑戦がしたい。
広く深く世界を知りたい(ボランティア×旅)

1番の目的は、世界のスポーツ。

世界のトップスポーツから、ストリートのスポーツまで。

海外でのスポーツ指導や人々のスポーツへの欲求など。

実際に飛び込んで、肌で、心で実感したい。

そんな願いを持って僕は飛び出しました。

《なぜ今だったのか》

どうしても今行きたいと思ったから。
これが正直な理由。理屈はないです。

自問自答の果てに出した答え。

自分に正直に動いてみました。

せっかくブログでお伝えできるので

わかりやすく6つの理由にまとめて見ました。

①頭と体がよく働く

現在39歳。
若すぎず老いすぎず
社会人としての経験もある。
人生経験もそこそこしてきた。
体も元気に動く。

心と体のバランスがすごく良い。
自分はそう感じて
今がベストだと確信しました。

②お金ができた

残高0からようやく貯まった。
なんとか一年間活動するお金ができたので踏み切ることができました。

③結婚相手がいない(笑)

もし、いい人に出会ってしまい結婚することになれば、自分のやりたいことができなくなる可能性がある。

バツイチ独身ですが、恋愛をする気は全然あります。
もしかしたら今後結婚することになるかもしれません。

お付き合いしてる人がいない今こそ

絶好のチャンスと思ったからです。

④経験の価値を大きくするなら今

頭と体が働く今行くことで
より多くの事を吸収できる。
しかもそれをより多くの人に還元できる。
そう確信しました。

1年後、帰国して40歳。
ここからまたやりたいことを通して
この経験をフル活用していける。

以前は退職したら
貯金や退職金で好きな国に
のんびり行こうとぼんやりと
思っていました。

しかしそれは自分の欲求を満たして終わる。

せっかくの経験を誰かの役に立てられない気がしました。

逆に自分が学生の時であれば
僕は未熟極まりない人間だったので
ただ楽しかったで終わっていたかもしれません。

せっかく海外で貴重な経験をするのなら
価値を大きくできるタイミングは今しかないと思い決断しました。

例えばしつけのタイミング。
生きていく上で大切な生活習慣をしつける。

子どもの時に身につける方が
圧倒的に役に立つ期間が長くできる。
つまりより価値を大きくできる。
自分だけでなく他者に対しても。

大人になってからでは
価値がないわけではないが
僕は価値は減る気がする。
しかも時間も労力もかかる。
場合によってはそういったスクールに通いお金までかかることもある。

僕は39歳。
しかもやる気に満ちている。
まさに今こそ
『価値を大きくできるタイミング』
と感じたことも大きな要因です。

☆ネパールの体育指導でつかんだ経験いう財産。

⑤覚悟を決められた

離婚は人生最大の苦しい時でした。
愛娘と会えなくなった日々はまさに人生のどん底。

ほんとに全てを
失った。そんな経験です。

しかし、どん底を見たおかげで
腹を括る覚悟ができました。
僕にはもう失うものは何もないなと
本気でそう思えました。

どん底から立ち直り
パワーがみなぎってきたのが
このタイミングでした。

⑥生徒たちに嘘はつけない

『人生はたった一度。
やりたいことをやろう!』

威勢良く、私は生徒によくそんなことを言っていました。
世の中の雰囲気や常識にがんじがらめになり、未来に不安を持つ生徒たちを間近に見てきました。

だから心底やりたいことをやるよう伝えてきました。

自分らしくやりたいことを伸び伸びとやって人生を思いきり満喫して欲しい。

生まれてきて良かったと心から思ってもらいたい。

でも、そう言いながら自分自身に疑問が溢れ止まらなくなりました。
『自分は本当にやりたいことをやれているのか?』

生徒に言ってるからには
まず自分がやりたいことをやろうと
思いました。

生徒に言ったことには
意地でもうそにしたくない。

僕がずっと大切にしてきた言葉。

『自分以上の人材に』

そのためにも自分が
姿で見せたいと思ったのもこの頃。

かわいい生徒たちが
僕の背中を押してくれたのかもしれません。

彼らは何とも思ってないかもしれませんが。。。笑

僕はそれでもいいんです^_^

《おわりに》

39歳で高校教師を休職。
国際ボランティアに参加しながら
世界を旅するという決断。

僕の人生の中では
最も大きな決断の1つです。

それができたのは今回のこの6つの理由があったおかげです。

ただしこれは今振り返って見えてきたことです。

最初にお伝えしたように
どうしても今やりたい。
理屈じゃない涌いてくるエネルギーって
僕は一番大切だと思っています。

そのエネルギーときちんと人に言葉で伝えることのバランスを大切にしていきたいと思います。

どうかみなさんも
小さなこと、大きなことに関わらず
やりたいことに挑戦して
自分の人生をさらに充実感させられるといいですね!僕も頑張ります!

☆憧れだったフランスのニースの海

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です